2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一眼はじめました - 2016.09.25 Sun

元々デジカメ片手に電車や徒歩で観光地や社寺を
巡るのを趣味としていた頃

電車賃の削減&健康のためにと思ってのが
ロードバイクを始めたきっかけ


自転車で色々と走るようになるとブログタイトルにも書いているように
たくさんの絶景に出会うわけです

それと共に、スマホのカメラでは表現に限界が有ること気付かされます。
だからという訳ではないですが、周りの影響もあり寝ても覚めても
頭の中は一眼レフのことばかり


ついには田舎から戻ってくるその足でヨドバシへGo!
勢いそのままに気がついたらカメラが入ったた紙袋を片手に
帰路に着いていました。



とまぁ前置きはこれくらいとして、
にわか意識ですがカメラってどこのメーカーがいいんやろ
とネットで色々調べましたが利用者の分布から行くと
CANONとNikonが人気とのこと。

その中でもCANONはユーザーも多くたくさんの情報がネットに上がってるのと、
なんといっても純正レンズのバリエーションが多く値段も同クラスからすると
お買い得というのが魅力的!

何も考えなければ決まったようなもんですが
ここは性格が邪魔してNikonに興味がそそられました。
だって誰でも選んでるのってつまんないんだもん(¬ε¬;)

※Nikonは誰も選ばないという意味ではありません。


その中でも、初級機でありながらそこそこな機能が充実している
D5500が良さげです

Nikon D5500

特徴と言えばなんといってもその軽さ!
他のカメラは600や700gあるところ この機種は470g

カーボンバイクと同じモノコック構造で
余計な部品を減らすことで軽量さとコンパクトさを
実現したようです。

たしかに、店頭で見比べるとひとまわり小ぶり。
その反面貧相かと思うと所有欲を満たしてくれるデザインと
持ち手のグリップの深さも印象的!
軽さと合わせて機動性重視といったところでしょうか。


マニュアルをぱらぱらっとめくって基本操作だけ叩き込んで
あとは実践あるのみ!ということで撮影会へと繰り出しました。




きれいな絵になる景色
薄暗い風景
動く被写体

これらのシュチエーションを満たすところということで
京都の東山方面 銀閣寺から南禅寺までを歩いて巡ってみました。



まずは銀閣寺から

園内に入ってすぐに目にする中央の池

2016/9/22 銀閣寺

ついついスポットを当てたい場所を中心に持ってきてしまいます。
ホントは横に少しずらすのが構図がいいんですよね。
このへんはまだまだですね


お次に、滝壺の一角に光るものを発見!
どうやら小銭のようです。
投げ入れて岩みたいのに乗ればご利益が・・・的な?

これはいいモデルになるとマニュアルフォーカスで
ピントを調整してパシャリ

2016/9/22 銀閣寺

サイズの納め方は間違ってはいないですが
なんかボケてますね。。。


ついでに小滝も撮ってみましたが
こちらは無難なところ。

2016/9/22 銀閣寺

どうやらマニュアルフォーカスの場合は
液晶モニターよりもファインダーで見たほうが
うまくいきそうです。


青々として自分好みの風景があったので
反復練習をば

2016/9/22 銀閣寺

2016/9/22 銀閣寺


デジカメだと真っ平らな絵になってしまって
なにを強調したいのかわからないものが撮れてしまいますが
一眼レフは色合い・濃淡・奥行きが出ていい写真になりますね。

なにより、ファインダー越しにあーでもないこーでもないと
考えてシャッターを押す動作がいちいち楽しいですヽ(´▽`)/

2016/9/22 銀閣寺

2016/9/22 銀閣寺

2016/9/22 銀閣寺

2016/9/22 銀閣寺



銀閣寺をあとにし
お次は哲学の道をくだっていきます

木々に覆われているのかいつ来てもうす暗い感じがします。
京都本来の静けさがあっていい雰囲気のところなのですが、
どうもスマホで取ると全体的にぼやけた写真になってしまい
なんだかなぁとゆう出来(´-ω-`)

2016/9/22 哲学の道

デジカメのフォーカスを活かして手前の花にピントを合わせて
後ろをぼかすことによって雰囲気のある絵になったのではないでしょうか。

お花も明るさが際立っています
今日イチ!


哲学の道の終盤
野良?ねこに動の被写体になってもらいました


黄昏

2016/9/22 哲学の道


こっちみんなよ by ねこ

2016/9/22 哲学の道

ぺろぺろ
毛づくろい

2016/9/22 哲学の道


おまけ

2016/9/22 哲学の道



風景や物なら撮り位置さえ決めてしまえば
まぁまあの写真が撮れますが
動いてるものを撮るのはなかなか難しかったです

なにより動きが読めないので
根気のいる作業だなぁというのが感想



せっかく歩きで来たので
南禅寺にも立ち寄ります


修学旅行の学生を連れたタクシーガイドさんが
説明してまわっていたのですが

水を通すため傾斜をつけるために足の長さを微妙に変えており
こちらから撮るのが綺麗におさまりますよ

とのアドバイスに聞き耳をたてて便乗してみました

2016/9/22 南禅寺

2016/9/22 南禅寺



色々と題材にしてみましたが
スマホで無駄打ちするのと違って狙って撮ることの
難しさを感じました

もっと練習してスキルを上げたいと思います



スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

VOYAGE

Author:VOYAGE
■出現エリア
  関西

■軌跡
 大阪(市内、北河内、北摂)

 京都(市内、嵐山、大原、京北
    、京丹波、福知山、舞鶴
    、宮津、伊根)

 兵庫(神戸、宝塚、三田、篠山
    、川西、猪名川、多可郡
    、明石、淡路島、加東
    、加西、小野、三木
    、加古川、姫路、福崎
    、夢前、たつの、赤穂
    、佐用、山崎、城之崎
    、豊岡、朝来)

 奈良(奈良公園、明日香、吉野
    、柳生、月ヶ瀬、天理
    、宇陀、山添村、五條)

 滋賀(琵琶湖、大津、草津
    、信楽、甲賀、米原
    、高島、朽木)

 和歌山(市内、海南)

 三重(伊賀、鈴鹿、津、名張
    、名張、松坂、菰野)
 福井(小浜)

 香川(高松、丸亀、琴平
    、小豆島)

 徳島(徳島市内、三好~吉野川)

 愛媛(四国中央、今治)

 広島(しまなみ街道、尾道)

 岡山(市内、倉敷、和気、日生)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツーリング&ポタリング (253)
パーツ&アイテム (19)
カメラ (1)
観光 (6)
イベント (3)
その他、雑記帳 (40)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。